JAIAアワード集計用データ抽出ソフト
===========================================================================
【ソ フ ト名】  JAIAアワード申請用ファイル作成ツール JAIAAWARD  Ver. 1.01
【著 作 権者】  相宮良成 JH0IXE aimiya@aimiya.jp  http://aimiya.com/ham/
【対応  環境】  Windows 95,98  Windows NT 4.0 Windows 2000で動作確認済み
【必要DLL】  HAMLOG50.DLLとTHDLL2VB.DLLを使わせてもらっています。
        必要なDLLは全部添付してあります。
【ソフト種別】  フリーソフトウエア
【転載  条件】  非商用であれば転載可(事後で結構ですから連絡をお願いします)
===========================================================================
【ソフト紹介】
  JAIAAWARD は、Turbo Hamlogのデータ(*.HDB)から、JAIA20xxアワード申請用データ
を抽出するソフトです。抽出したデータは、紙申請する場合はExcel等で読み込んで
印刷してください。

 電子申請をする場合は出来上がった「自分のCALLSIGN.txt」というファイルをメール
で送れば受付られます。このソフトはHAMLOG50.DLLとTHDLL2VB.DLLを使わせてもらっ
ていますので、HAMLOGのHDBファイルからデータを直接取り出して処理します。

 複数のコールサインで運用した場合の複数のログデータからでも、全て一つに
集計できるようにもなっています。このソフトはTurbo HAMLOG Ver.5.00以降に対応
しています。V4には対応していません。

 JAIAに確認したところ、電子申請はテキストファイルで良いということですから、
このソフトの出力の「自分のCALLSIGN.txt」というファイルをメールに添付して送れば
受け付けてもらえるということです。

【特別ルール】

 1、自分と同じサフィックスは10点にカウントしますのでコールサインを設定して
   から集計して下さい。複数のコールサインを持つ方は申請する時のコールサイン
   を設定して下さい。

 2、4文字サフィックスの局は、8J7JAZZと8J7STARのみ10ポイントで集計します。

 3、ジュニア、ビギナー局の場合は50点加算できますのでチェックを入れてから
   集計して下さい。両方にチェックを入れても50点しか加算しません。

【同梱のファイル】

jawrd101f.lzh の場合(これはフルセット)

 JAIAAWARD.CAB  インストール用キャビネットファイル
  setup.exe    setupプログラム
  setup.lst    セットアップ用ファイル
  readme.ixe    今読んでいるこのファイルです。
  
jaward101s.lzh の場合(既にVB6のDLLがPC内にあればこちらで良い)

 JAIAAWARD.exe  実行プログラムです
  THDLL2VB.DLL   Visual Basic用データ変換DLLです。JAIAAWARD.exeと同じDIRに置く
         必要があります。
  bonus.txt      ボーナス局のリストファイルです。
  jaia.ini       設定値記録ファイル
 readme.ixe     今読んでいるこのファイルです。

【動 作】
 動作手順は、hdbファイルの中から7月15日〜8月31日のデータを取り出し、サフィック
スを取り出して、サフィックスの文字数、サフィックスの文字をキーにしてソートして、
自分のCALLSIGN.txtというファイルにサフィックス順に書き込みます。
同じサフィックスがあった場合は得点の一番大きいデータを書き込みます。JA局−2点と
DX局−3点は時刻がUTCかJSTかで判別していますので、JA局であってもUTCなら3点としま
すので集計後に修正してください。

【使い方】
 jaward101f.lzhをダウンロードしたら適当なデレクトリ(フォルダ)に置き、解凍します。
いろいろなファイルが出て来ますがその中のSetup.exeを実行すると自動的にインストール
されます。インストールデレクトリは既定値がc:\program files\JAIAAWARDになっています
が、Turbo Hamlogのデータがあるデレクトリ内にインストールするのが操作が簡単です。

 もちろんそのままc:\program files\JAIAAWARDでも構いませんが、その場合は同梱の
bonus.txtとreadme.ixeとjaia.iniというファイルをhdbファイルがある所へ予めコピーして
おく必要があります。

 インストールが完了したら、JAIAAWARD.exeを実行して下さい。最初に[ファイル] [開く]
 でデータを指定します。指定するのはhdbファイルです。次に [レコード番号] を7月
15日以前の適当な番号にして [処理開始] を押すと処理を開始します。終わったら[確認]
で出来上がったファイル自分のコールサイン.txtの内容を表示します。

 複数のコールサインで複数のログファイルがある場合は、一つのデータの処理が終わっ
たら、次のコールサインのデータを指定して処理します。処理するファイルの順番は後先
関係ありません。ただし、プログラムを一旦終了してしまうと合算しませんので、複数処
理をするときはプログラムを終了せずに、次々と処理する必要があります。一旦終了した
場合でも、次にもう一度連続処理すれば正しく処理しますので問題はありません。

 バンド・モードの特記毎の集計を連続的にする場合、前のデータに追加されるますので
クリヤボタンを押して前のデータを消してから次の集計をしてください。

 ログファイルが他のコンピュータに入っている場合は *.hdbをコピーしてくれば処理する
ことができます。Hamlog と同じフォルダに置くのが一番簡単です。この場合、Hamlogの
フォルダに同名のファイルがある場合データを置き換えてしまう事になりますので必ず
バックアップを取ってから作業をしてくださいね。

 出来上がった自分のCALLSIGN.txtは、各データがTABで区切られたテキストファイルで、
Excel等の「ファイル」「開く」「ファイルの種類」「テキストファイル」で選択すれば
開くことができます。その際、全ての項目を「文字列」に指定すると良いです。

【出来たファイルの確認】

 出来上がったデータは提出前に良く確認して間違いがあれば修正してから提出してくだ
さい。

【フリーソフト】
  このソフトはフリーソフトです。ご自由にお使い下さい。使い心地を掲示板にでも書いて
いただければうれしいですね。もし転載を希望される場合はご自由にどうぞ。ただし転載さ
れた場合は事後で結構ですからご連絡下さい。
 
【サポート等】
  バグ修正・要望・質問・苦情・文句などは以下の方法でお願いします。
  
  Homepage: http://aimiya.com/ham/ の掲示板

【免 責】
 このソフトを使って生じたいかなる損害等に作者(相宮・JH0IXE)は責任を負いません。

【Copyright(C)】
  ハムログ(Hamlogw.exe)、HAMLOG50.DLL、THDLL2VB.DLLはJG1MOU・浜田さんの作品で
 著作権は浜田さんにあります。
 Windows(*)はマイクロソフト社の商品でマイクロソフト社に著作権があります。
 JAIA2006.exeはJH0IXE・相宮の作品で相宮に著作権があります。

【改版履歴】
V1.01 Bonus.txtに間違いがありましたので修正。Aug.11.2006
   7文字以上のコール(8J120JAS等)に対応していなかったので修正。Tnx for JA1OQ
V1.00 初版公開 Aug.10.2006